2015,4,2
 
瓢ヶ岳 
1162,6m F
   (三等三角点  点名 瓢ヶ岳

 晴天予報を信じ7年ぶりに7回目の賤ヶ岳に遊ぶ

 

登り ふくべの森Pー(40分)ー岩不動分岐ー(38分)−骨ガ平ー(40分)−瓢ヶ岳

下り 瓢ヶ岳ー(34分)−骨ガ平ー(24分)−岩不動分岐ー(26分)−ふくべの森P

【 登り 2時間3分 】 【 下り 1時間16分 】


今日はお花見日和で明日から暫く雨予報が続くようだ
そんな今日、我が家は棚卸の影響で仕事が途切れた・・・
ならば遊ぶしかない!
最近山頂が切り開かれ展望が良くなったと聞いた瓢ヶ岳へ!
しかし発病してから体力がなくなり自信が無く敬遠していた山だ
3DK同伴で無事登れるだろうか

朝起きたら日がさしていた
仕事が途切れ暇な一日でも予定なし
食後のトイレで思案
そうだ!瓢ヶ岳へ行ってみよう!

早々準備を済ませふくべの森を目指すが、どんよりした空?
本当に晴れてくるか半信半疑でふくべの森へ着いた

ふくべの森トイレ横Pには無いが、少し下には2台の車
反対側の今淵ヶ岳はガスっている
本当に晴れてくるだろうか?いや晴れてくれ!と祈りつつまわしをする

ふくべの森の標高は710mで今年登った山の標高より高いや
標高710mなので流石に寒く手袋とフリースを着て9:43スタート
累計高低差約550m3DKには未知の世界
無事登りきれるやろか・・・

古い記録をひも解くと、過去6回は全て違うルートで入山
最新の7年前は展望台ルートで入山したので
この登山口から入るのは初めて来た16年前以来だった
その時は1時間12分で登頂しているが、今日の目標タイム2時間とした

岩場の登りが続き3DKが何度も足を止め、えらそうに登ってくる
オイラは久し振りなので、こんなルートだったかな?と写真を撮り撮り歩く
すると雨が少し降ってきた
お〜い晴れるんじゃなかったのか〜い
歩きだして30分、汗も出てきたので水分補給

振り返ると今淵ヶ岳に掛っていたガスが迫ってくる

小沢を渡り自然林と別れ人工林へ入って行くと10:23岩屋不動分岐着
この先は以前と変わりなく不明朗な登山道を探しながらの歩きだ
登山道周りには残雪も現れだす

美しい人工林を過ぎると骨ガ平も近い
とうとう周りにはガスが広がってきた・・・

3DKから「まだ〜」のボヤキが出だした

11:01骨ヶ平へ着いた
ここでも6分の小休でエネルギーゼリーでパワー注入
あと1km表示

骨ヶ平を過ぎて直ぐ登山道にも残雪
何年ぶりの残雪歩きだろうか?思い出せない
鞍部に近づくと益々残雪が増え嬉しくなってきた
後ろでは3DKが「よごれる」だの「歩きにくい」だの文句を言っている
オイラは嬉しくって嬉しくって、久し振りの感触に「嬉しい〜んだから〜〜」

最低鞍部から最後の登り階段
雪の上には新しい足跡が付いていないので
駐車場の車はボルダリングを楽しむ人のようだ

山頂手前の奥瓢分岐まで来てびっくり!!!
雪の壁が〜〜立ちはだかっているがね
嬉しくって、よっこらしょと乗り越える

この時 後方から単独者現る

山頂稜線はセッピの名残りだろうかタップリの残雪だ

歩きだして2時間3分と時間は掛ったが11:46無事登頂
母ちゃん良く頑張りました!でもガスガス・・・

今回来た目的の一つが
天王山で聞いた話で、誰かが山頂周りを勝手に切り開いたと聞いたからだ
確かに周りが明るくなっていた
しかしガスガスでは何ともならない
取りあえず暖かいカップ麺でランチとした

するとウグイスの上手な鳴き声がした
里山では何度も聞いたが残雪多いこの山で聞けるとはビックリだね

ランチの後、粥川ルート方面へ少し下ってみた
いい感じに残雪が付いている

山頂に戻り各務原市の単独者と山談義
この方も晴れ予報を信じて登ってこられたとボヤキ節

山頂滞在1時間近く経ったが高賀山方面がうっすら見えてくるだけでパッとしない
展望は諦め粘る単独者に別れを告げ12:40下山とした

残雪を踏みしめ
後方では3DKが笑いながら付いてくる
雪遊びが気に入ったのか?ハマるなよ・・・

3DK途中沢渡りで足を滑らかしドボン・・・やっぱりやらかしたわ

なんだかんだ言いながら、それでも13:56無事帰着

帰りは買い物をするため美濃市中心街へ行き
ついでに小倉公園の桜見物
平日なのに賑わっていた
好物のたこ焼きを食べる

晴れ予報を信じて瓢ヶ岳へ登ったのにガスガスだった
しかし発病して以来体力がなくなり自信がなかった瓢ヶ岳へ
7年ぶりに訪れることができ、嬉し〜んだから〜!の一言

TOP

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO