2013,7,21

 
霧ヶ峰(車山) 1925m

【日本百名山】 
(17座)
二等三角点
  点名 車沢


登り 霧ヶ峰自然保護センター(40分)−車山肩ー(36分)−車山
下り 車山ー(33分)−蝶々深山ー(14分)−物見岩ー(24分)−奥霧の小屋
ー(37分)−旧御射山分岐ー(23分)−沢渡ー(28分)−園地ー(20分)−自然保護センター

 

登り累計490m 歩行距離約14km 5時間の周回を楽しむ



ニッコウキスゲの群落見に霧ヶ峰周回山歩!

ナント!母ちゃんは参院選投票所で早朝6:45から夜8:00まで立会人で留守!!!
ならば一人気楽に山歩が出来るぞ〜〜
候補は楽チンルートの美ヶ原と霧ヶ峰。
迷った挙句、ニッコウキスゲの霧ヶ峰とした。

7:40車山肩Pに着いてビックリ!満車じゃん・・・車中泊で来るべきだったか。
空いていた霧の駅(霧ヶ峰自然保護センター)Pに移動して駐車。
当初は車山肩から八島湿原へ下り蝶々深山〜車山の予定だったが、
予定変更し先に車山を目指し八島湿原の周回が無難か。

8:08霧の駅Pをスタート、園地へと入って行く。(下山時撮影)

足元の花を愛でながら緩い登山道を登って行くと八ヶ岳と南アルプスの間に富士山のお出まし!
先週に続いての富士山だな。
こんなこと初めてじゃないかな?

あ〜風が涼しい〜振り返ると御嶽山も御挨拶。

歩き出して35分前方が黄色に染まっている!
なんじゃこりゃ〜〜咲き終わっているかと思っていたのでビックリ!
巨大レンズのカメラマンもずらり。

この風景画像では見た事はあったが、目前にすると感動物だ。
何枚も何枚も撮ってやった。
このニッコウキスゲ群落も鹿対策の電線でしっかり囲われていた。

ハイカーで賑わう肩のベンチで5分の一服。
汗も噴き出してきたのでバンダナを巻く。

さて賑わう車山肩を後にして霧ヶ峰最高峰車山を目指そう!



振り返るとキスゲ郡の向こうに乗鞍岳。
穂高から槍、後立山方面も確認できる。

賑わう車山肩を振り返る
左手前の山が昨年登った鉢伏山だとか。

傾斜は緩いが石がゴロゴロの登山道を登って行くと
八ヶ岳の右に富士山がハッキリと見えて来た。

山頂ドーム

緩い登山道だったので、軟弱者でも足が止まる事無く肩からノンビリ36分で車山山頂へ着けた。
巨大な気象観測ドーム建つ山頂台地は広い。

早速二等三角点(車沢)に挨拶
リフトで登って来た大勢の登山者?でごった返していたが
誰も三角点に興味が無いようだった。


山名版の前で、先週御嶽山に登ったという山ガールと記念撮影を撮り合った。
八ヶ岳、富士山、南アルプス、中央アルプス、御嶽、乗鞍、北アルプスの峰々。



蓼科山と白樺湖

北から東の遠くの山は同定できないが、14年前小学生だった息子と登った
蓼科山はハッキリと分かる。
あの時は、母ちゃんと娘は白樺湖で遊び息子と二人で登山を楽しんだのだった。
考えてみれば霧ヶ峰方面へ来たのは、それ以来だな。

展望を楽しんだ車山では14分の滞在で下山しよう。

無理せず疲れたら車山で引き返そうと思っていたが、
遠くの八島湿原まで延びる気持ち良さそうな草原ルートを眺めていたら、
がぜん八島湿原まで歩きたくなったので、9:43 GO!

コンクリート製の丸太階段を急降下
この登りを変更して正解だったな。

蓼科山
車山を降り切った辺りにもニッコウキスゲの群落があった。

蝶々深山目指し霧ヶ峰湿原の木道を黙々と歩く。
日蔭は全くないが、気持ち良い風が疲れを吹き飛ばす。

少しの登り返しで広い蝶々深山着。
ここも遮るものが無い360°の素晴らしい展望だ。
ここは5分の休憩で10:21物見岩を目指す。

蝶々深山から緩く下って14分で物見岩着。
すると下から「ヤッホ〜」と叫びながら小学生の団体が登って来た。
その団体が登り切った所で先へ進んだ。

八島湿原までは暫く緩い下りが続く。
すると前方遠くに無数の電波塔建つ美ヶ原が望めた。

1年前放送されていたドラマ「サマーレスキュー」は山小屋のセットは霧ヶ峰で
景色の撮影は美ヶ原だったそうな。

次回は美ヶ原も歩いてみたいな。

シカ避けゲートを潜った所が奥霧の小屋だった。
途中途中で行動食を食べていたので、八島湿原分岐の木陰で11:04軽いランチとした。
16分でランチを済ませ、八島湿原周回へと出発。

デカイ湿原の遊歩道から遠くの車山をバックにカラマツソウを写す。
木道脇には色々な花が咲いていたが、写す元気が無くなって来た・・・

八島ヶ池

鷲ヶ峰1798mと八島湿原 おまけのシシウド

湿原の周回を済ませ沢渡までの無風炎天下の砂利道歩きが辛かった・・・

沢渡でルートが分かり辛かったが、園地方面の案内板を見つけ入って行った。
始めは緩いルートだったが、園地手前の少しの登り返しが辛く、とうとう足が止まりだした。
時間を見れば歩き出して5時間近いか。。。
最近無かった長時間だったので、当然かな。
持病が悪化せねば良いのだが・・・

後ろから若いカップルが「この登り返しキツイですね」と元気に登って行った。
「どうみてもキツそうには見えんぞ!」と言い返してやった。。。
「キャハハ〜」ときた。

ヘロヘロで園地分岐まで辿り着いた。
やっと駐車地点が見えて嬉しかったなぁ〜
でも、園地内のだらだらルートが長く感じたのは、かなり疲れた証拠か。。。
今日は約14kmの行程だったようだ。

13:12無事 駐車地点霧の駅Pに帰着。
スキスキだった駐車場は車やバイクでごった返していた。

早速着替えと買い物(ワインとチーズ)を済ませ、13:30帰路へと着いた。
ノンストップで帰りナビの予想通りの16:30に帰宅できた。

起伏が少ないルートだったが、しっかり疲れた・・・
今回は次回母ちゃんんを案内する下見を兼ねて歩いたのだが、
どの辺りが歩けるだろうか・・・

TOP

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO