2012,11,25

うぬまの森
 陰平山 240m

【四等三角点 点名 宝積寺】
(各務原市) 

【登り 25分】
 【下り 80分】


秋晴れの晴天の中、スーパー低山三角点巡りを楽しもう!
不動山、伊木山、宝積寺山の次は陰平山だ。

宝積寺山の北にそびえる陰平山の起点になる【うぬまの森】Pへはイチョウ並木の住宅地を一走りで着いた。

駐車場は8割ほどが埋まっていた。

うぬまの森センターハウスから入り
とりあえず車道歩きで進んで眺望の丘を目指して行く事にした。

車道コースを下って来た方が足を止め写真を撮っておられた。
振り返れば白い御嶽山が綺麗だった。

歩き出して10分で眺望の丘展望地と着き展望を楽しむ。
登って来た伊木山が目前に!

眺望の丘の先から平和観音入口へとルートを変え嫌いな丸太階段を登り
広く緩やかな尾根ルートを進むと平和観音像に着いた。
記念碑に「西に夕暮れ富士の佛の寝姿を見る事のできる、この良き所にまつられている
聖観世音菩薩は世界平和を祈念し・・・」
伊木山を夕暮れ富士と呼ぶ事を初めて知った。
そしてキューピーではなく佛の寝姿だったのか!

緩やかに登って行くと立派な展望台が建つ広場へと着いた。
昼近くなのに二人が居るだけの静かな広場だった。

早速展望台に登ってみれば
遠くに白い乗鞍と御嶽がクッキリ
眼下には青い流れの木曽川の素晴らしい眺望。

南には犬山方面が180度に広がっている。
お腹もすいたので、風も無く穏やかなベンチでオニギリランチとした。
そこへ犬山橋の近くに在住で、昔から山を楽しんでおられる80歳の元気な老人登場。
この方と暫し山談義を楽しんだ後、三角点目指し東へ!
整備された庭園のような道を少し行った所がピークのようだが・・・山頂プレートも何も無い。

東のピーク目指し少し下って軽く登り返すと三角点だった。
【四等三角点 点名 宝積寺】

ベンチが置かれ南に少し展望があるがイマイチ。
車道に戻り少し下った所から【遊びの広場】目指し右折した。

遊びの広場から木曽川を見下ろす展望デッキ目指し、紅葉を楽しみながらの林道歩きだ。
このルートは水平道で楽だが、北斜面で日が差さず寒い寒い。

林道歩き10分で展望デッキへと着いた。
早速展望を楽しむ。
眼下には愛知県最北地の栗栖地区が見下ろせる。
前日のTV「ゴリ夢中」で放送していた地区だな。
この集落の小学校の全校生徒数13名に対して教師は14名だって。
さて、展望も楽しんだし、まだ時間に余裕があるので表平山でも目指そうか。

徒歩ナビとプリントした地形図には表示されていないルートなので、
デジカメで写した案内板を眺めながら歩を進めた。
中山道を少し戻った所が表平山への登り口のようだが、何の表示も無い。
行く手には嫌いな丸太階段が・・・
約50mの登り返しだが、10分ほどで表平山156,7m山頂?の休憩舎に着いた。
一服して直ぐに下山とした。


中山道の石畳を歩いて【うぬまの森】入口へと無事戻って来た。
2時間ほどの周回だったが、楽なルートで楽しかったね。
心配している母ちゃんに帰宅メールを送り帰路へと着いた。

体調と体力を考えての里山スーパー低山三角点巡り、楽しかった〜♪
癖になりそうな予感! (^^♪



TOP

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO