2008,8,24
天王山 (33) 538m (岐阜・美濃市)

【 登りAコース 1時間19分 】 【 下りDコース 34分 】


色々有って7月20日の御嶽以来まともな山へ行っていない日々が続いていた。
そしてやっと自由な日曜が来た〜(^◇^)/~~と喜ぶも、無情な予報が続いておるがね。
結局日曜も雨予報なので、山は諦めるしかない。(T_T) ヒマだ・・・
ノンビリ寝ていた日曜の午前7時、当然のように中学の廃品回収中止の無線が流れている。
遅くまで寝る習慣が無いので7:30にはもぞもぞと蒲団から出る。
新聞を読んだり朝食を食べていると外が徐々に明るくなって来るではないか!
8:30愛犬の散歩で外へ出てみると青空も出ておるがね。
そうなるとま〜あかん、ジッとしておれんわ。(^_^;
午後は予定を入れていたので、近場の天王山で一汗掻いて来るか!

9:22 山頂部にはガスが掛かっている 9:34 一番乗りの倉木谷Pスタート
御嶽以来一ヵ月振りの山だが、実は盆休みの15日にも早朝の天王山へ登っている。
その時は大矢田神社から登っているので、今回は久しぶりに倉木谷のAコースからでも登るか。
最近朝晩急に涼しくなってきたが、まだ8月下旬の夏真っ盛りである。
流石にこの時期、この時間の里山には登る人も居ないようで、倉木谷P一番乗りである。
涼しくなったとは言え、真夏の里山へこの時間から登るのは恐ろしいもんだ。
林道沿いにはキンミズヒキ 9:38 Aコース登山口へと入って行く
蝉の大合唱の中、暑さを予感しながらお茶と傘だけが入った軽いリュックを背負い歩き出す。
Aコース登山口まで林道を少し戻るのだが、林道沿いにはキンミズヒキが咲いている程度。
何時もの団扇片手のスタイルで、久しぶりのAコース登山道へと入って行く。
登山道脇のショウジョウバカマ 10:04
久し振りの山歩きなので、鈍った体を労わりながらノンビリ歩こう。
何時もまとわりつく虫も意外に少なく、虫払いを兼ねた団扇が暇そうだ。
それにしても汗は出るものの、蒸し暑さは感じられなく快適なのはありがたいね。
歩き出して直にパラパラと降り掛けてきたが、直ぐに止んでくれた。これもありがたい。
秋の気配 10:16 ガスる高賀三山
途中、秋の味覚の山栗が実っていた。
子供の頃は、裏山で茶色になる前の青く若い栗をよく食べたものだ。
若い栗の方が鬼皮も渋皮も簡単に剥け食べやすいのだ。
懐かしく思い食べたかったが、グッと我慢した。下山路にあれば食べてみるか。
それにしても空荷の割にえらい・・・体が重い・・・汗も滴り落ちる・・・嫌な予感 (ー_ー)!!

鉄塔に出る手前でスズメバチの羽音が近いぞ。
羽音の方を見れば、登山道横の枯れ木の元に数匹のスズメバチ発見!
最近家に巣を作ったスズメバチとバトルを繰り広げているので、
仲間の仕返しに遭うといけないし、近くに巣が有るかもしれないので足早に通過する。

明るく開けた尾根歩きは少々蒸し暑くなってきたが、木陰歩きは意外にも涼しかった。
10:35 誕生山縦走路 10:43 立岩からの高賀三山方面
展望は期待できないが、立岩へ寄って行く為に岩場を登る。
そしてお茶を一口飲む。
高賀三山にはガスが掛かっているし、当然御嶽も望めないので先へ進むしかない。

神社ルート分岐で、天王山最多登頂記録2千回以上を誇る鈴木さんんと
愛犬のビーグル犬に遭遇。
10:55 小屋横のコナラに落雷 此方へも雷が走り木々が枯れる
元気なら1時間で登るルートを1時間20分掛けてやっと山頂に辿り着いた。(-"-) えらかった〜〜
すると常連さんの古田さんが小屋で掃除をしていた。
話を聞けば、盆前の激しい雷雨の時、小屋横のコナラの木に落雷が有ったそうな。
見れば無残に皮が剥がれ葉が枯れていた。
古田さが付けたコナラの木のアルミ製プレートも焦げて落ちていた。
落雷は登山道を横切り(地面が掘れている)南側の低木帯に走り一帯の木々も枯れている。
小屋内の記帳ノート入れなどの留め金具もひん曲り焦げている所もあった。
盆前に3夜連続のゲリラ雷雨が来た時だろう。あれは凄かったもんなぁ。
小屋の落雷の痕跡は教えてもらって分る程度です。燃えなくて良かった。

小屋横には小さな花桃の梅のような小さな実が付いている。
古田さん曰く「10月頃食べると美味しいよ」とね。
常連さんと会話を楽しむ 西側 北山方面
今日の展望は雲が多いものの、名古屋の駅ビルも確認できる眺望だった。
気象予報氏の方達も苦情が多いだろうなぁ・・・オイラも文句が言いたい一人だがね!
晴天だったら御嶽夜間御来光登山、イマイチだったら伊吹山早朝登山と予定していたが、
このように鈍った体力では、どちらも無理だったかもね。。。

天王山は今回で33回目だが、常連さんの比では無いがよく登ったものだ。
次に多いのが御嶽山の17回、伊吹山7回、舟伏山7回、大日ヶ岳5回、瓢ヶ岳5回と続く。

山頂には3人の常連さんが雑談中で、早速話に加わる。
だが、時間を見ると11時を過ぎている。
昼には帰宅したいのでノンビリ出来ないのだ。
登りに予定より時間がかかり、山頂滞在22分で慌ててDコースで下山とした。
11:15 さて下山とするか 11:21 下山中には高賀三山もハッキリと
11:27 半道分岐からのショット 11:30 意外に涼し〜い(^^♪
倉木谷からの驚きの青空 (@_@;) 11:49 倉木谷P 3台になっていた
Dコースで下山中、単独男性と出会っただけで倉木谷Pへ戻れば車は3台に増えていた。
結局下山路には栗が無く食べ損ねたね。
登山靴を履き替え増水した谷川へ入ると、意外に冷たい。
早速沢水で顔と汗をタップリ吸ったバンダナを洗う。気持ち良か。
帰宅後シャワーを浴び体重を測れば昨晩より2kgの減量〜(^^♪
その後、1kg戻っただけなので嬉しかったね。(*^^)v 何時まで維持できるやろか?

秋に向かって徐々に体力を戻したい所だが・・・山行自体が減りそうだ。(-"-)


TOP

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO