麦草岳登山レポ(下山編)

2006,10,15 麦草岳は木曽駒登山ルートの上松Bコースの1ピークで、
6月までは全く知らない山でした。
その山へネット仲間と登ることになり、ワクワクです。(^з^)
  中ア・麦草岳
    
2733m

    (長野・上松町)

 
 ☆木曽駒荘-(90分)-林道終点-(7分)-奇美世滝-(40分)-五合目-(27分)-六合目-(46分)
   -七合目-(55分)-麦草岳
 麦草岳-(35分)-七合目-(20分)-六合目-(18分)-五合目-(36分)-林道終点-(85分)
   -木曽駒荘

高低差 1520m 距離 往復約14km
登り 5時間10分 下り 3時間30分
メンバー せきすいさん
ひろろとろろさん
高村さん 白影さん JereySさん
ごっちゃん 計6名
アプローチ 147km
行き3:00
帰り3:30
麦草岳山頂にはノンビリと1時間40分過ごし、充分展望を楽しみ12:45去り難い気持ちの中、下山を始めました。春には花も咲いているらしいので、次回は花の時期に登ってみようかな。

木曽駒ヶ岳をバックに記念撮影

いよいよ急降下の下山です

御嶽山 乗鞍岳 手前の山は赤林山

絶景かな!撮影者 白影さん
オイラ JereySさん 高村さん ひろろとろろさん せきすいさん
山頂からほんの少し下った所に巨岩が有り、記念撮影には持って来いの場所です。
調子に乗り白草山以来のシェ〜を披露!決して酔っていたのではありませんよ。
撮影者の白影さんのOKが直ぐ出なかったので、疲れた足でこのポーズを持続するのは辛く、バランスを崩し落ちそうになったのを隣のJereySさんがしっかり抱きしめ (^з^)-☆Chu!!
「最後の一枚にならなくて良かったね!」・・・(>_<)
JereySさんは命の恩人になり、強い絆で結ばれたのでした。σ(^◇^;)。。。
しばらく「山上 シェ〜〜」は封印しよう・・・(x_x;)

集合写真の巨岩を下から

山頂北側の奇岩

山頂を振り返りせきすいさんにフォーカスされる

振り返った山頂

さて何でしょう?コケ? 地面には霜柱が

1:40 六合目通過
1:58 五合目に着き暫し休憩 上を仰げば朝は気が付かなかった綺麗な紅葉が!
    展望地からの御嶽山は霞んでいたのでパス。

2:06   急降下

2:30 四合目 奇美世滝分岐 沢で喉を潤す
奇美世滝周辺の紅葉 ダケカンバの黄モミジの赤

朝とは違い陽が当っていて林道終点工事現場辺りの紅葉が一番鮮やかでした

2:52 撮影を終え名残惜しみつつ歩き出す

枯れ木とのマッチングが良い

映える赤

浮き出る赤

急降下して来た尾根を振り返ると山頂が頭を出した

山頂アップ!

艶やかな黄色

今日最後の御岳

文句無しの艶やかさ

3:30 長い林道歩きもまた楽し

日影の紅葉
各自が思い思いに紅葉の写真を撮りながらの林道歩きでした。何十枚撮ったかな?(^-^*)/
花は咲いていなかったが、やはり秋は紅葉で充分ですね!(^O^)/~~

4:13 木曽駒さんキミコさんがお出向かえ

4:42 木曽駒荘で一服 ( ^-^)_旦~~
紅葉の写真を撮りながらの1時間25分の林道歩きも終わりを迎える頃、ナント!正面の林道に女性が二人・・・それは木曽駒さんとキミコさんがお出迎えをして下さったのでした。(^O^)/~~
「素晴らしい天気に登れて良かったね〜」と、矢継ぎ早に話の嵐!!!
山頂から白影さんが携帯へ写メールを送り、時間を見計らって待っておられました。(^з^)
木曽駒荘に着いてから、中で暖かいコーヒーと木曽名物の美味しいクリ菓子をご馳走になりました。山荘の中でも30分ほど色々な話で盛り上がりました。
ピンクの服のキミコさんの事は福井の二人と私は知らなかったのですが、他の3人は知っておられました。多治見在住の有名な登山家で、勿論木曽駒JOYのメンバーとの事。
お二人さん、美味しいコーヒー有難うございました。
冷たい水ばかり飲んできて寒くなって来た時間だったのでとても美味しかったですよ。
山荘内での話は何時までも続きそうでしたが、30分ほど経ったのでそろそろ腰を上げ帰ることにしました。外へでてから記念撮影をし、お二人さんに見送られ帰って来ました。

木曽駒荘前で記念撮影

5:05 帰る準備も出来 いよいよお別れ
今回の麦草岳登山は、当初9月24日に単独で予定していたのが延期になり、お陰で楽しい仲間と天気に恵まれ、そして素晴らしい展望が得られ最高の山遊びが出来ました。
遊んで頂いた皆様、有難うございました。m(_ _)m


(注) ルート図&高低図はイメージなので正確ではありません
TOP
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO