2018,6, 17 (日)
 (岐阜・下呂市)


簗谷山A 1213,6m
〔二等三角点 弓掛〕

  

登山口P-(15分)−クマガイソウ-(40分))−小鹿の涙-(30分))-主尾根-(30分))-簗谷山

簗谷山-(26分)−北ア展望地?−(24分)−沢−(20分)−登山口P


【登り 2時間 】 【下り 1時間10分】 【距離約 5q】 【累計高低差約 550m】


毎度だが軟弱夫婦に見合う山を探すのも大変だ
遠出ばかりできる身分では無いので近くの山は・・・
そうだ!16年振りに簗谷山へ行ってみっか!
この山は5月のクマガイソウと紅葉時が賑わうので
今はシーズンオフで静かだろうな

行きは遠回りだが金山経由の岩屋ダム方面から北上
帰りは明宝から帰る予定で出発

家から2時間8:50に登山口駐車場に着けば先着車1台のみ
静かな森を9:04スタート

歩きだして直ぐ分岐

南尾根ルートへ左折
16年前は東回りだったので今回は西回りで行く
と言っても16年前の記憶は山頂の双眼鏡のみで
ルートの記憶は全く無い・・・

当時はピークハントを楽しんでいたなぁ

信州で味わったハルセミの鳴き声も無く静かな森を登って行くと
クマガイソウ群生地
当然花は無いね
遅咲きはないか〜と探すが、やっぱり無い

しかし少し手前から唯一の花コアジサイが咲いている

急斜面のジグザグが続いたが少し尾根っぽくなってきた
汗も出だしたが涼しい風が嬉しい

唯一の花コアジサイに癒され

すると右斜面をどんどん下るではないか・・・

下った所に小鹿の涙

大山紙神の石碑の横の岩場を涙ほどの滴が落ちていた
ここで涙では無く水分補給する

高度も上がりハルセミが鳴きだしたが信州程ではない

小鹿の涙の上に回り込み登って行くと荒れた涸れ沢に巨岩がゴロゴロ
巨岩が自然に並んだ?人工物?

新緑の中 空が低くなって来た 主尾根は近いか?

しかし徒歩ナビで確認すると山頂方面からどんどん遠ざかる

切り開きから山頂か?
巨岩が見えるので山頂ピークだろうとズーム撮影

主尾根を戻る感じで南下して行くと10:301098ピーク着
小腹が空いたので草もちでエネルギー補給

南尾根展望台となっているが何処なのか分からん

小休後楽な主尾根歩きに変わり
日影ルートで時々吹く風が体に優しい

抱き合った木は中間で合体しているようだ
葉を見上げると朴の木だった

切り開きから御嶽山登場

この時季は山頂からの展望は期待していなかったが
なんとかギリ良さそうだな

山頂まで300m 相方を励ます

歩きだして2時間 11:04山頂着
(ちなみに16年前は1時間6分で登頂)

先行者は3人家族で突然現れたオイラに奥さんが驚いてござった

早速記念撮影済ませランチとする
入れ替わりに3人家族は下山された

クマガイソウと紅葉で賑わう時季、この狭い山頂はどうなるのか?

乗鞍をズーム



手前の御前山は見えるがその奥の御嶽はガスの中に消えた

笠ヶ岳から穂高までも望めたがピンボケで残念・・・
コンデジも新しいうち良かったが2〜3年すると必ずズームのピントが合わなくなる
今のソニーも前のオリンパス、パナソニックも皆同じだ
なぜ?

南方面 眼下に一部集落も見えるが山は同定出来ず
目立つ山が無いだけだが

二等三角点 弓掛

マイクロチップ挿入済み
掘り下がっているが欠けていないのが何故か嬉しい

16年前の唯一の記憶の双眼鏡は残念な事に壊れていた

それにしてもシーズンオフの簗谷山は静かだなぁ
直ぐ傍の木でウグイスが鳴き叫んでいるだけで静かなもんだ

でも日影が無く暑いので山頂滞在30分で11:35さっさと下山する

下山はぶなの木ルートで

ブナ林に期待が膨らむ

おお〜立派なブナだ

気持ち良い尾根歩き

主尾根から支尾根へと下ると巨ブナ出現!

今日一番の巨ブナにラブハグ
陣馬形山で樹齢600年のブナを見た後なので感激は薄いが
600年以外で出合った中では最大ではなかろうか?

巨ブナ近くに切り開きがあり御前山の向こうの御嶽は消えた

えっ?ここが北アルプス展望台?

支尾根から離れ沢へどんどん下る

すると後ろでガタッ あっ!の声に振り返ると
相方が登山道をゴロゴロ転がって来る〜
2回転くらいで止めてやったが・・・

あ〜やってまったなぁ〜

左の急斜面だったら今生の別れになるところだった(@_@)
浮き石に足を取られたそうで
人ってあんなに転がるんだと感心
擦り傷程度であ〜良かった良かった

12:25相方を気にしつつ沢へ下り立つ

気持ち良い沢の森を森林浴しながら12:44駐車場に戻る
3人家族も帰り仕度の最中

結局駐車場には2台だけの静かな山だった

明日から梅雨空が戻るようなので帰ってジャガイモ掘りをしなあかん

後日談
簗谷山がヒル山だったとは全く知らなんだ
献血しなくて良かった〜

16年振りに訪れたシーズンオフの簗谷山は静かだったが
相方は人が居ないと嫌がるが
無いと思っていた2度目の簗谷山の3度目は無いかも

TOP

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送