2018,10,14(日)

千両山~
 富士見台 1739m



登り 神坂峠ー(44分)-千両山ー(37分)-萬岳荘ー(50分)-富士見台

下り 富士見台ー(36分)-神坂峠
 

【登り 2時間19分 】 【下り 36分】 【距離約 6㎞】 【累計高低差約 420m】


山から遠ざかる日々が続いたが
やっと自由な休日が訪れた
この時季なら信州の紅葉狩りと行きたいが予報がイマイチ
前日の昼に予報の良い西濃方面に転進決定
ところが夜になり東濃方面が好転気配
結局毎度の富士見台に落ち着いた

家を出て環状線に乗ると直ぐ雨が降り出し中津川まで続くが予報通り
8:10神坂峠に着くがやはり雨は続いている・・・
途中諦めて帰るグループの車4台とすれ違った
神坂峠手前の車道脇に停め予報を信じ時間を潰す事40分
やっと雨が止み明るくなって来た~!
でも中津川方面は真っ白けっ

予報が良くなかったお陰で人気無く静かな神坂峠を8:54スタート
千両山へ行く為車道歩きから
相方は初めてのコースだ

信州側も真っ白けっ

車道から富士見台方面を振り返るとガスは切れているぞ
だが期待していた紅葉はイマイチの様子だな

入山口先の展望地まで足を延ばして見たが
信州方面はガスが広がっているだけ
即戻り山中へ
カラマツの彩りも少し早い


直ぐ尾根に上がるとビューポイント
ここは色付きが良かった

尾根を緩く歩くと相方は初めての千両山だ
全体の色付きは良くないが僅かに染まる所も

10:00神坂峠に戻るが赤が薄い

萬岳荘まで車道を歩く
へブンスからの送迎バスの客も数人と少ない
トイレ休憩後神坂山方面へ

最近は軽いザックばかりだったが久し振りの32ℓのザックが重い 
以前出た肩の痛みは無いが腰骨に当たり痛みが出だす
結局神坂山はスルーして富士見台へ

恵那山方面に絵になる山が

笹原の中の紅一点も赤色が薄いなぁ

スルーした神坂山方面
ここまで出合った登山者数人と少ない

例年では多くが歩いて賑やかな合流地点の山小屋付近も人気無しで静か

あと少しで山頂で後方が賑やかになりグループが上がってくる

意外や!誰も居なく静かな山頂へ11:13

遠くの山はガスの中なので
湯舟沢方面を眺めていると山頂は賑やかなグループで騒がしくなる
山頂に未練はないので直ぐ下り少し下の岩場でランチとした
風が吹き歩きを止めると途端に寒くなり防寒着を羽織り
久し振りの暖かいカップ麺が美味しかった

40分のランチタイムで11:56下山とした

登って来る人は驚くほど少なかった

いつも紅葉が奇麗な帰路の巻き道下も色が悪い

なんとか奇麗な部分を切り取る

こちらも僅かな紅葉をズームで切り取る

神坂峠も近付く頃 
久し振りに股関節に痛みが・・・
後ろの相方もお疲れモードで遅れがち

3時間40分の周回を終え12:32神坂峠帰着
明日は孫が遊びに来るので川上屋の栗きんとんを買い帰宅

重いザックを背負い久し振りの山歩は
楽なルートでもきつかったなぁ
でも久し振りの疲労感が心地よかった


TOP

SEO [PR] @[r ďAEx@o^C ^T[o[ SEO