2003,9,7 北ア・穂高連峰の展望地、常念岳を満喫してきました。
好天に恵まれ最高でした。(^O^)/~~
    常念岳
  (じょうねんだけ)

       2857m
  
       (長野・穂高町)
 ☆一ノ沢登山口-(1:21)-烏帽子沢出合−(0:22)-笠原沢出合-(0:50)-最後の水場-(0:42))
   -常念乗越-(1:08)−常念岳
 ☆常念岳-(0:36)-常念小屋-(1:10)-烏帽子沢出合-(0:53)-一ノ沢登山口P
高低差 1610m 距離 往復約14km
登り 4時間46分 下り 3時間
メンバー 単独(車中泊)ピストン アプローチ 214km 4:30
友人の江崎さんが昨年、三俣から常念岳(小屋泊)〜蝶ヶ岳と行って来て「よかった〜」と言っていたので、一ノ沢から約5時間の行程に多少不安が有ったが、決行することにした。
当然車中泊の日帰りである。それまでは北アルプスを間近に見たことが無く楽しみである。
土曜の仕事を早めに切り上げ、家を16:40に出発。R156-せせらぎ街道-R158−松本の新村交差点を左折北上、後はカーナビの指示どうりに行き安曇野CCを過ぎてからは林道を進むが、車などには出会う事も無く暗闇の中を未だかな未だかなと進み心細くなった頃、ようやく駐車場らしき所に着く。手前の広い所に数台、その先の道路沿いに数台、奥のゲート前に2台、合計10数台ほどがいた。Uターンして道路沿いの駐車スペースに駐車する。時計を見れば9時10分であった。
隣の車には人が居ないのを確認してから缶ビール2本を飲んで就寝。車中泊は昨年の燕岳へ相棒と行った時以来の2回目だが、一人は初めてで中々寝付けない。夜中に車が来たり、外で話し声がしたりでその度に目が覚める。それでも知らない内に寝たらしく、車の音で目が覚めたら4:00だった。やはり其れからはタクシーが入って来たりして寝れず、5:00には朝食を食べ始め5:24スタートする。

5:40一ノ沢登山口 タクシーは此処まで入れる

登り始めて1時間 前常念らしきピークが見えて来た
林道を歩き始めて直に一ノ沢登山口に着く。タクシーはここまで入る。トイレが有るので済ませて5:40に歩き始める。一ノ沢を左に見ながら樹林帯を緩やかに登ってしばらく行くと、古びた鳥居の建つ山ノ神が祭ってあるので、安全祈願してから流れに沿って登って行く。1時間程してから前常念辺りらしきピークが見えて来た。6:45に烏帽子沢出合に着き10分休憩する。
石がゴロゴロした沢沿いの道を徐々に高度を上げていくと7:16に笠原沢出合に着き、左岸の急斜面を息を切らせて登って行くと、登山道を塞ぐように若者が伸びていた。自分も苦しくなって足が止まり話しかけたら鹿児島出身で、松本在住のこの青年は会社の同僚に「初心者コースだから」と誘われ初めての登山で来たが「もうダメ」と言っていた。ここが初心者コース?若者にエールを送り歩き出す。胸突八丁を登りきると一ノ沢へ下り木橋を渡ると最後の水場が有る。

一ノ沢を渡る(画像提供 ひらさん)

ひらさんと山話をしながら楽しく登る
最後の水場の冷たい水で喉を潤す。ここには3人いたので、今少し手前で若者が伸びて居た事を話した。一人が「私の仲間です」と言われ常念〜蝶〜上高地の予定だと言われたが、果たして行けるのか疑問だった。その人は仲間を待っていて、他の二人と同時に登りだす。この二人の方は長野市の方で、一人の方は後で名刺を頂いたが、ひらさん(平林さん)とおっしゃる方でした。

常念乗越手前からの前常念?

常念乗越からの横通岳
丁度キツイ登りをひらさんと会話をしながら登ったおかげで、辛さを多少忘れる事が出来ました。
水場から42分で常念乗越に着くと思わず・・・オ〜ッ 素晴らしい展望が目に飛び込んできた!!
今までの疲れが吹っ飛び気持ちがハイに成ってしまう。ひらさんに写真を撮ってもらい、
この想いを友人の江崎さんにTELする。

8:52 常念乗越 赤い屋根は常念小屋

苦しんだ挙句頂上が見えて来た
いよいよ常念岳へ向けての登りである。風が強く寒いのと、岩場の急登がきつく足が何度も止まる。下山中の小学生に「頑張ってください」と励まされ情けなかった。┐('〜`;)┌
この小学生は下山途中に追い着き、意地で追い越してやった。(ちょっと、おとなげなかった)
初めにに見えて来たピークは頂上ではなく、その奥に頂上が有ったのを見て一気に疲れた。
(;^^;)乗越から1時間もあれば楽に登れると思っていたが、8分オーバーしました。

10:10 常念岳山頂着

頂上全景 中央はひらさんと竹内さん
今まではアルプスの山には登った事が無く、焼岳からの穂高の眺めが最高だったが、比べ物にならない展望に呆気にとられ、しばし呆然としていた。頂上からの360度の展望を満喫しながらの昼食とする。しかし、東側180度は雲海が広がっており富士山、八ヶ岳、南アルプスが頭を出していただけでした。ずうっーと眺めて居たいような素晴らしい眺めである。今までは遠くの低山からしか見た事が無かった穂高・槍が目前に見え、ただただ感激に浸る。やはり自分には穂高・槍などは登る山ではなく、近くの山から眺める山に留めておきたい。昼食を済ませて、気になったのが松本の青年だった。何とか辿り着いてここでもぐったりしていたので、聞いたら食事も喉を通らず何も食べて居ないらしい。それでは余計にバテて歩けなくなるので、何でもいいから食べた方が良いとアドバイスする。「今夜の宿はあそこだよ」と蝶ガ岳ヒュッテを指差したら「え〜まだあんなにあるの〜」と溜め息をついていた。







常念岳からの蝶ヶ岳

富士山と南アルプス

槍ヶ岳アップ!

穂高岳アップ!

お気に入りの一枚

前常念の向こうに広がる雲海
頂上に1時間10分居て去りがたい気持ちの方が強かったのだが、帰る時間(5時間のドライブ)を考え11:25下山開始。
丁度ひらさん達も歩き出したので後を追うように行く。あれだけ苦しんだ登りも快調に下る。

三股分岐 前方はひらさん

常念乗越への急降下をするひらさん
常念小屋まで着いて小休止。先ずは小屋見物とバッジ購入。
ひらさんも来てバッジを買われた。そこでひらさんが「HPが有るので良かったら見て下さい」
と名刺を出されたのでいただく。トイレ(100円)も済ませ小屋の前のベンチでしばらく談笑していたが、帰りの時間が未だ長いので(車で約5時間)ひらさん達に別れを告げ下山する。

小屋の玄関にて

小屋の前のテーブルにて
下山も快調に進み、前に見える下山者を皆追い越す勢いで進むと、常念頂上手前で励ましてくれた小学生を発見。大人も入れて7〜8人のパーティーだが直に捉えて追い越す。(^。^;)常念岳から丁度3時間(14:25)で車に着く。着替えを済ませ14:40に帰路に着く。帰りに安曇村の道の駅へ寄った時に、美味しそうなリンゴが5個500円だったかな?せっかく長野へ来たので土産に買って来たんですが、此れが何と美味しい〜絶品!リンゴってよくカスカスのが有るんですが、あれは嫌いです。この時買ったのは、適度な硬さ、適度な甘み、適度な酸味、こんな美味しいリンゴは初めてでした。家族も皆、美味しいと言ってくれました。次回に行く楽しみが増えました。流石は長野!
後日、自分ではその頃PCが扱えなかったので、娘に頼んでひらさんのHPを
開いてもらい見てみたら、なんと自分へのメッセージが書かれていました。早速
娘に頼みメールを送ってもらい、其れがきっかけでPCを覚え今に至っております。
今回の常念岳は、今まで行った中で展望と登りがいとで最高の山でした。
そして長野市のひらさんに出会ったことで、インターネットの世界にも入れて
意義ある山になり、そして思い出深い山でした。ひらさんには感謝しております。
TOP
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO